当選!!!!!!!!!

びっくりした、心底びっくりした。
今日かなり面倒臭い事があって久々にゲーセンでやさぐれてたら、Negitakuのキャンペーン当たってるよ!のお知らせが急に舞い込んで来て本当にびっくりした。
面倒臭い事からの→テンションだだ下がりーの→ゲーセンかーらーの→キャンペーン当選!
そらもうゲーセンで小躍りの一つでもかますってもんですよ。
詳しくはこちら↓
ゲーミングマウス『ダーマタクティカルマウス(DRTCM15、DRTCM12)』プレゼント&レビュー企画当選者発表
しかしまあ、DRTCM02を大会の賞品で貰う・DRM26を買う・DRTCM12をプレゼント&レビュー企画で貰うという流れ、何かDHARMA POINTさんとは不思議な縁があるようです。

Alien Swarm

Valveがいきなり価格無料で発表した4人Co-op対応の見下ろし型シューティングゲーム「Alien Swarm」をちょこっと遊んでみたら結構面白かった。
公式トレーラー

FFがあって、しかもL4Dよりさらに気を使わないといけない感じ。
ただ、そこの所を気をつけていればさくっと遊べていいんじゃないかなあと。
しかも、カスタムキャンペーンをL4Dっぽい感じで導入出来るのようなので結構息の長いゲームになりそう。さらにソースコードも公開されてるので、やろうと思えばこれを土台に新しいゲームを作れるんだとかなんとか。今後に期待。
プレイする時は一度wikiに目を通しておくと、クラスやキャラクターの特徴、装備解説、日本語化の方法なんかが書いてあってスムーズに出来ると思います。

Alien Swarm JP wiki
無料なんだしAS熱冷めない内にみんなやろうよーっていう

新マウス

だいぶ前に愛用していたDRTCM02が壊れてしまって、代用品としてボールマウスを使ってましたが、土曜にめでたく新マウス購入しました。
ボールが引っかからない光学式って凄いね!
新マウスはDRM26にしました。IMOとちょっと悩んだんですけど、結局の所DRM26に。
まだ少ししか使ってませんけど感想でも。
・形状

ちょっと分かりにくいですけど、真ん中の少しへこんでる所にラバーグリップが付いてて持ちやすくなってます。(右は代用してたボールマウス)
ダーマの特徴かもしれませんが、尻の部分がやや膨らんでる感じ。
説明書いわく、つまみもかぶせもどっちでも柔軟に対応できる形状とか何とか。
俺はつまみとかぶせの中間みたいな持ち方ですけど、手に良く合う。
全体として小さい方だと思うので手が小さい人とかは結構持ちやすいんではないかと。
・良い所
小ぶりで軽量なので取り回しがいい。
両サイドのラバーグリップと尻の所がやや盛り上がってる形状なので持ちやすい。
ホイールが硬すぎず柔らか過ぎず丁度いい。
お買い得(2990円にて購入)。
・悪い所
コードがやや固めのビニールコーティングなので箱から出した状態だと癖がつきまくっててやや引っ掛かりを感じる。
右側のグリップの先端が枠からはみ出していて非常に気になる(これは多分個体差。指で押し込んでたら出っ張らなくなった)。
ホイールの直径がやや小さい。
こんな感じですかねえ。他にも解像度が800→1600cpiに変更できるもののPC再起動しちゃうと元に戻っちゃうとかありますけど、これはまあ800に合わせちゃえばさほど大きな問題ではないかなと。
3000円前後でこの性能のマウスなら大満足って感じです。

解体

昨日は建物今日はマウス。
愛用のDRTCM02がついに使い物にならなくなりました。
先月の中ごろ辺りからホイールが効かなくなってだましだまし使ってたけど先週の始めについにコードが断線。2008年の東京ゲームショウで貰ったものだから大体1年半ちょっと使えました。実質1年ぐらいかな?
手に良くフィットしたので次は廉価版の方を買ってみる予定。
*役に立つか分からないDRTCM02の解体方法
1.カッターと+ドライバーを用意
2.カッターでソールを剥がす
3.剥がすと+のネジが出てくるので全部取り外す
4.上側がすぽっと外れるので繋がってるコネクタ等を抜く
以上
っていうか大抵のマウスこんな感じだよねっていう。
開けたりすると保障の対象外になっちゃうかもしれないので期間内ならメーカーへ。期間外なら自己責任でどうぞ。

Red Faction Guerrilla

最近やってるRed Factionのシングルモードが終わったので紹介でも。
Red Faction Guerrillaは22世紀の火星が舞台のTPSで、特徴は手当たり次第建物を破壊出来る事。主人公がゲリラの一員なので、建物を破壊する以外にも人質救出やら拠点防衛やら色々とミッションはあるがメインは建物破壊だと思う。
トレーラー

破壊の仕方も多岐に渡っていて、ハンマーでこつこつ崩す・爆弾で発破・ロケットランチャーで吹き飛ばす・ライフルで打ち抜く・車やら作業機械で突入等々。
以下、ひたすら建物を壊し続けるレッキングクルーモードの動画。
レッキングクルーモード(爆弾&ライフル)

レッキングクルーモード(ロケットランチャー)

他にシングルモードで思ったのは、敵から武装を剥いで使う感じとかジェットバックパックやら建物破壊やらを使って移動を自由にする感じとかが楽しかったなあと。
どっちも他のゲームにある要素だけど、武器はよくあるFPSみたいになんでも持ち運べるんじゃなくて常に4種類しか持ち運べない(内1つはハンマー固定なので実質3種類)。そのシステムのおかげで、ミッションに適した武器を考えたり、弾の補充が見込めなさそうな武器は落ちてるのと交換していって武器を使ってくのが面白かった。
移動面に関して言えばそんなにストレス無くプレイ出来たんじゃないかなと。長距離移動は車が基本。で、結構頑丈なので耐久度が許す限り崖から飛び降りたり道なき道をを突っ切ってショートカット出来る。近距離移動なら、ジェットバックパックを使えば山だって上れるし、ここの壁邪魔だなあと思ったらぶち壊せばいい。あんまり慣れ過ぎると他のゲームでも壁ふっ飛ばしたくなるから困る。
他にこういうシステムのゲームした事無かったから新鮮だったのかも。
絶賛しまくったんで悪い点でも。
まずストーリーが薄い。英語版でプレイしたから適当にしかストーリーを把握してないってのもあるかもしれないけど、結構あっさりしてるとは思う。派手にアクション決めるのが醍醐味のゲームだと思うから別にこれくらいで良いとは思うけど。
次に、移動がだるい。オープンワールド式だから広いのはしょうがないと思うけど、時々そんなに遠回りさせなくてもいいんじゃねえのって時が有る。
後は、車強すぎ。建物破壊に使えるし、砲台付なら結構無双出来る。しかも、軍が乗ってくるのに大概付いてるから結構使い放題的な事も有る。やばくなったらとりあえず車に逃げ込めば大丈夫ってのはどうなのとか思ったけど、これはこれでテンポが悪くならないし爽快だからいいのかな。
あんま悪い点の説明になってねえな・・・
なにはともあれ面白いゲームでした。
最近Twitterで短文書きまくってるせいか長めに物書くのが楽しくなったので簡単なレビューみたいのでっち上げてみた。Twitterはリアルタイム性があるし手軽で良いけど、やっぱブログもブログでいいもんだね。また駄レビューでもでっち上げる。

SteamSummerSale!!!

日本時間の7/5までやってたSteamのセールとせっとあっぷ大先生のおかげでライブラリにゲームが増えました。
以下増えた物
・Borderlands:The Secret Armory of General Knoxx
・FlatOut:Ultimate Carnage
・Red Faction Guerrilla
・Tropico3 – Steam Special Edition
後セールとは関係ないけど
・Heroes of Newerth
・League of Legends
内容は
Borderlands→DLC
FlatOut→ぶっ壊しレースゲー
Red Faction→目に付く建物を発破して楽しむ近未来系TPS
Tropico3→カリブの島国を運営して楽しむ箱庭ゲー
Heroes of Neweth→タワーディフェンスとRTSをくっつけた様なゲーム
League of Legends→無料でやる事も出来るHoNとそっくりのゲーム
Red Factionがかなり時間泥棒なんで、これが片付いたら後は合間合間に出来るゲームばっかりなんでぼちぼちやりたい。俺としてはこの程度で崩して行けるか心配なのに、100本単位でゲーム持ってるプロスチマーの人達はどうやってゲーム崩してるんだろ。
でもって、このセールで周りの人がL4D2とかKillingFloorとか買ってゾンビ殺しも久々に再開。おもすれーです。ライブラリにやって来たゲーム達もどれも外れ無しって感じで困ってます。全部同時進行は出来ねーよ!っていう。
ちょくちょくやるだろうから暇な人はKFなりL4Dなりやろうよっていう。
とにかくまあ、暑い夏はお家でゲーム。これに限る。