Red Faction Guerrilla

最近やってるRed Factionのシングルモードが終わったので紹介でも。
Red Faction Guerrillaは22世紀の火星が舞台のTPSで、特徴は手当たり次第建物を破壊出来る事。主人公がゲリラの一員なので、建物を破壊する以外にも人質救出やら拠点防衛やら色々とミッションはあるがメインは建物破壊だと思う。
トレーラー

破壊の仕方も多岐に渡っていて、ハンマーでこつこつ崩す・爆弾で発破・ロケットランチャーで吹き飛ばす・ライフルで打ち抜く・車やら作業機械で突入等々。
以下、ひたすら建物を壊し続けるレッキングクルーモードの動画。
レッキングクルーモード(爆弾&ライフル)

レッキングクルーモード(ロケットランチャー)

他にシングルモードで思ったのは、敵から武装を剥いで使う感じとかジェットバックパックやら建物破壊やらを使って移動を自由にする感じとかが楽しかったなあと。
どっちも他のゲームにある要素だけど、武器はよくあるFPSみたいになんでも持ち運べるんじゃなくて常に4種類しか持ち運べない(内1つはハンマー固定なので実質3種類)。そのシステムのおかげで、ミッションに適した武器を考えたり、弾の補充が見込めなさそうな武器は落ちてるのと交換していって武器を使ってくのが面白かった。
移動面に関して言えばそんなにストレス無くプレイ出来たんじゃないかなと。長距離移動は車が基本。で、結構頑丈なので耐久度が許す限り崖から飛び降りたり道なき道をを突っ切ってショートカット出来る。近距離移動なら、ジェットバックパックを使えば山だって上れるし、ここの壁邪魔だなあと思ったらぶち壊せばいい。あんまり慣れ過ぎると他のゲームでも壁ふっ飛ばしたくなるから困る。
他にこういうシステムのゲームした事無かったから新鮮だったのかも。
絶賛しまくったんで悪い点でも。
まずストーリーが薄い。英語版でプレイしたから適当にしかストーリーを把握してないってのもあるかもしれないけど、結構あっさりしてるとは思う。派手にアクション決めるのが醍醐味のゲームだと思うから別にこれくらいで良いとは思うけど。
次に、移動がだるい。オープンワールド式だから広いのはしょうがないと思うけど、時々そんなに遠回りさせなくてもいいんじゃねえのって時が有る。
後は、車強すぎ。建物破壊に使えるし、砲台付なら結構無双出来る。しかも、軍が乗ってくるのに大概付いてるから結構使い放題的な事も有る。やばくなったらとりあえず車に逃げ込めば大丈夫ってのはどうなのとか思ったけど、これはこれでテンポが悪くならないし爽快だからいいのかな。
あんま悪い点の説明になってねえな・・・
なにはともあれ面白いゲームでした。
最近Twitterで短文書きまくってるせいか長めに物書くのが楽しくなったので簡単なレビューみたいのでっち上げてみた。Twitterはリアルタイム性があるし手軽で良いけど、やっぱブログもブログでいいもんだね。また駄レビューでもでっち上げる。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中